HOME>注目記事>埼玉の葬儀屋に依頼できる内容と葬儀の確認事項

遺品整理もしてくれる?埼玉の葬儀屋について

埼玉の葬儀屋の中には遺品整理をしてくれたり、提携している遺品整理業者を紹介してくれるところがあります。

葬儀を行う前に事前に確認しておくこと

  • 葬儀までの間どこに遺体を安置するのか確認
  • どの葬儀場を利用し、どの葬儀屋に依頼するか
  • 故人および親族の宗教や宗派の確認
  • 一般葬か家族葬かなど、葬儀スタイルの確認
  • お通夜と告別式の日時や喪主の選定
  • 遺影写真や副葬品、死装束の確認
  • お通夜で振舞う食事の内容や数量の確認
  • 親族などから依頼を受けた供花や供物の種類や名前の確認
  • 読経をあげてもらう僧侶へのお布施の確認
  • 会社の友人や親せき、友人などへの受付依頼の確認

信頼できる業者

葬儀会場

葬儀業者を選ぶとき、埼玉では費用や規模、スタイルなど、自分のイメージに合った葬儀が可能な業者を選ぶケースが増えていて、生前葬の特徴でもあります。また、規模が大きい業者が信頼できるとは限りませんが、国内唯一の葬祭専門業者の連合体として、通産省から認可を受けているところなら信頼できるでしょう。

地域密着型の特徴

葬儀会場

埼玉をはじめ、全国300社近い冠婚葬祭互助会で構成する業界団体として、通産省より認可を受けている葬儀社も相談役になります。地域に密着している小さな店舗から、各地に支店を持つ大企業まで、葬儀専門業者の規模は様々で、葬儀全体の6割を占めているといいます。小さなところは、その地方の慣習に詳しい特徴があり、口コミに頼って営業しているため、比較的安心して相談ができます。ですが、地域の習慣から外れる無宗教葬などへの対応は柔軟さに欠けることもありますから、注意しましょう。

大企業のウリを知ろう

葬儀会場

大企業は、埼玉のデパートにも無料の相談コーナーを設けたり、葬儀セミナーを開催したり、初めて葬儀を経験する人が近づきやすいメリットがあります。サービス内容も各社で特色があります。一番に挙げられるのは、冠婚葬祭互助会でしょうが、事前に積み立てて準備できるシステムが開拓しています。積立金で賄えるのは、祭壇、棺などの基本料金で、オプション品や飲食接待の費用は追加の支払いになります。サービス内容のみならず、将来のサービスの保証が異なるので確認は必要でしょう。積立金も含め、途中解約の手数料についての規約も確認しておきましょう。

広告募集中